マイオピンついて

お子様の近視進行抑制

近視の進行を抑える目薬をご存知ですか?

マイオピン子供1

マイオピン

近視の進行を抑制することが大切な理由

近視とは、眼軸長が伸びることで(眼球の長さが伸びる)ピント位置が網膜からずれて生じるケースが多くあります。近くを見ることが増えると近視になりやすくなり、一度眼軸長が伸びてしまうと戻ることはありません。そこで、眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制するための重要なポイントとなります。 低濃度アトロピン(マイオピン)には、眼軸長を伸展させる働きのあるムスカリン受容体をブロックする効果があると言われています。

近視の説明

マイオオピン点眼薬が使用される理由

アトロピン配合点眼薬は、近視の進行を抑制させる点で統計的にも臨床的にも顕著な効果が確認されている唯一の治療法です。アトロピン1%は1960年から近視治療用に使用され続けています。しかし、アトロピン1%は下記のような不快な副作用を引き起こします。

  1. 瞳孔の拡張に起因するまぶしさがでる
  2. 目の遠近調節機能(手元を見る作業)が低下し、近くの物がぼやけて見え、読み書き等近くの作業に困難が生じる
  3. アレルギー性結膜炎及び皮膚炎

マイオピンは、低濃度(0.01%)のアトロピン点眼薬であり、近視の進行スピードを効果的に抑え、同時にアトロピン1%による不快な副作用を回避します。

マイオピンの特徴

マイオピンは近視の症状を有しているお子様(6歳から治療可能)への処方が推薦されており、処方の際は最低2年間使用を継続することをおすすめします。

対象となる方

費用

マイオピンの治療は自由診療です。
健康保険や医療費助成制度は適応されません。

治療費用(検査・診察・薬剤費用)
初回治療費用 マイオピン1本 + 検査・診察 6,000円
1ヵ月後の治療費用 マイオピン2本 + 検査・診察 8,000円
3ヵ月ごとの治療費用 マイオピン3本 + 検査・診察 10,000円

マイオピン治療の流れ

※3回目の治療以降は、3ヵ月ごとの定期的な通院が必要です。

Q&A

マイオピンの副作用はありますか?

7~8時間まぶしさとぼやけを感じることがありますが、必ず就寝前に点眼すれば、朝には元に戻ります。

オルソレンズの併用は可能ですか?

オルソレンズとの併用も可能です。マイオピンをさしてから、5分以上時間をあけてオルソレンズを装用して下さい。

近視が戻る事は、ないでしょうか?

最近の研究では、2年以上点眼しなくても効果は維持できています。

全身への影響はありますか?

ありません。

効果がない方もおられますか?

効果がない場合もありますが(約25~40%)、効果の有無を確認するためにも最低2年間は続けられることをおすすめします。

  • WEBでのお問い合わせ・予約
  • お問い合わせは 088-653-2506


VISULASIK専用フリーダイヤル 0120-049-506